TOP > 就職活動中の皆様へ
サイトマップ
会員登録する 無料で登録できます!!

会員のメリットはコチラ

メンバーログイン

MAILADDRESS



PASSWORD



ログイン

パスワードを忘れた方
検索する
企業検索
合同企業説明会
各企業会社説明会
最新のお知らせ一覧
就職活動トピックス
よくある質問集
携帯サイト
Jobwayモバイルの使い方
Jobwayに参加希望の企業様へ
RSS
 Jobway情報
 企業情報
 Jobway情報
 企業情報
就職活動中の皆様へ
  1. 仕事を通して自分探しを
  2. 会社訪問で何を掴むか
  3. 社長から経営理念を聞こう

不安や悩みを抱えながら就職活動していることと思います。「自分には何が向いているのだろうか」「資格を取っておいた方が有利なのだろうか」「面接ではどう答えたらいいのか」「どんな業界が将来性があるのか」。焦ることはありません。

皆さんの先輩たちも同じように悩みながら活動をしていました。多くの皆さんは、本当に自分がやりたい仕事、どうしてもこの仕事がしたいというものが見つかっていないでしょう。それは去年や今年の特徴ではなく、毎年毎年もうかなり長い間、職業観や労働観が定まらないまま就職活動に走り出さざるを得ない状況が続いています。

もちろん就職前に職業観や労働観が完璧に確立されなければならないということではなく、皆さんが生きることや働くことについて落ち着いて考えたり、そういうことを考えるきっかけとなるような体験が少ないというということなのです。それは皆さんの責任というより、皆さんが生きてきた社会環境、特に教育環境を考えれば無理もないことです。

ですから「業界の将来性」や「面接のノウハウ」を気にしすぎるのではなく自分がどう生きていきたいかをじっくり考えることが、結果として納得いく就職になるでしょうし、何よりも貴方自身の納得のいく人生への第一歩となるでしょう。

次のような点に留意して、各中小企業家同友会の就職セミナーや合同企業説明会に参加されることをお待ちしています。

仕事を通して自分探しを

イメージ1 仕事をする中で自分探しをするつもりで。自分に最適の仕事が何なのかは働き始めてからも簡単に結論が出るものではありません。仕事に目いっぱい自分の力を投入してみないと分かりません。そういう働き方をする中で、その仕事が好きになり、自分の力でその仕事が最適になるように自らを成長させていった先輩は大勢います。むしろそれが充実した人生や働き方をするために人間として当たり前のことでもあります。

このページのトップへ

会社訪問で何を掴むか

皆さんが思い描いている業種、職種のイメージと企業での実際の仕事の内容にはギャップがあります。皆さんが持っている情報だけで判断せずに、必ず会社を訪問してどういう仕事か具体的に見てください。会社内の面接会場や応接室などだけではなく、仕事そのものを研究することをお勧めします。できればその時、先輩社員がどんな働き方をしているか、いきいきと働いているかどうかを感じ取ることも大切です。 イメージ2

このページのトップへ

社長から経営理念を聞こう

イメージ3 中小企業を就職先に考える時、社長、経営者(専務などが実質的にトップの会社もある)と一度はぜひ会って話をしましょう。その際、経営者からその会社の「経営理念」について聞くことです。経営者は必ず、「どんな会社にしていきたいのか」「その会社の仕事には社会的な意義があること」「あなたの成長とその会社での仕事のかかわり」などについて語ってくれます。このことはあなたの今後の生き方にとっても大事なことですからおろそかにしないようにしてください。
JOBWAYトップページへ このページのトップへ

Copyright