Jobway

2018年3月
卒業の方向け

就職活動トピックス

就職活動はポイントを絞って

数多く受けるのは考えもの

的を絞らず、やたらと数を受ける人の失敗率は高いものです。「一つか二つは何とかなる」とか「ここで失敗してもまだ次がある」などと考えていると、結局集中力が出ず、熱意も伝わらないで失敗ということになるでしょう。

情報に振り回されるな

学生仲間で交わされているあやしげな情報や「コネがなければ始まらない」などのようなネガティブな方向にばかり神経を使わずに、いったい自分は社会に出て何をしていくのかを明確にして、信念を持って就職活動をしよう。

ポイント絞りの手順

  1. 最高学年になる前から、インターンシップなどを通じて会社などと交流を持つ努力をする。
  2. アルバイトやボランティアなどで社会人として必要な情報を得る。
  3. パンフレット等の情報と就職課の生きた情報をきちんと整理する。
  4. 自分の将来の目標と会社の情報を整理しポイントを絞る。
  5. 卒論と並行して早めに就職活動を始める。

なるべく早く社会人となるよう日常生活の見直しをして準備し、学校での学習をしっかり結びつけ、学生特有の甘さを取り除く自己改革に取り組み、就職の的を絞るようにしてほしいものです。