就職活動トピックス

面接、学力テストの受け方

面接では、その人の育ってきた環境があらかじめ書類で分かっていますから、それにふさわしい人間形成が出来ているかどうかを見るのです。 やたらに大声で答えても不自然ですし、細い声でうつむいたまま話したのでは、若さが感じられません。 「上がってしまって、失敗した」という話も聞きますが、試験を受ける人が、上がらないなんていうことはありません。試験官もそのくらいのことは十分承知しています。むしろ「出だしは堅くなっていたが、肝心のところでは落ち着いてかん所を押さえていた」と評価される方が、学生らしい真剣さを印象づけることになるでしょう。

上がらないために次のような方法もあります。

  1. 実力にあったところを受ける。
  2. 倍率がどんなに高くても、自分が一番この企業に適していると確信する。
  3. 日ごろから目上の人、初対面の人と接するように心がけておく。
  4. 詩や文章を音読し、声と顔の表情で豊かに表現ができるよう訓練しておく。
  5. 新聞をよく読み、国際、社会、経済問題を重点に勉強しておくなど。

学カテストについても同様なことがいえますが、時事問題を少々勉強しておくことは必要です。大商社や新聞社以外の英語問題は、高校生程度の実力があれば十分です。