Jobway

2018年3月
卒業の方向け

就職活動トピックス

コネは慎む

官公庁、教職、大企業の試験に失敗した人がよく「私はコネがないので」と言い訳しますが、どんなに有力なコネがあっても、総合的に合格ラインに達していなければ、コネは効きません。これだけ世の中が厳しくなってくると、将来お荷物になりそうな人を採っていたのでは、どんな企業もつぶれてしまいます。

もし、コネがあてになるような企業があれば、その企業の将来があてにならないと考えることができます。 あてになるコネは、諸君が十分合格できる力があって、試験が済んでからさりげなく依頼することです。頼まれた有力者が恥をかくような頼み方は失礼ですし、有力者が力ずくで人を押しつけようとするならば、その人自身の知性と品格が問われることになります。 コネは、頼む方も頼まれる方も困るものですから、慎みたいものです。