先輩より

会員登録のメリット

メンバーログイン

パスワードを忘れた方

  • 就職活動トピックス
  • はじめに読もう!よくある質問集
  • 求人情報提要ガイドライン 適合メディア宣言
  • Jobwayに参加希望の企業様へ

株式会社 ソアーシステム

株式会社 ソアーシステム

ソアーシステム

業種カテゴリ:情報産業 ソフトウェア開発
組込みからITソリューションまで幅広い技術で世の中の課題を解決します!
名前 R.N
出身校 4年制大学
入社年 2019
経験した部署 開発部 システム開発グループ
この会社を選んだ理由 【インターンに参加して】

大学生の頃に周りが行くからと自分も参加したインターンシップが、ソアーシステムでした。
インターン初日、場所がわからなかった私は人に尋ね、ギリギリで間に合ったことを今でも覚えています。
インターンでは、様々な体験をさせていただきました。
最初は用語を調べることから始まり、仕様書作成、レビュー、テスト項目作成、回路図を見て半田付け、インターンの成果発表と、たくさんのことを経験することができました。

インターンシップ体験は10日間でしたが、モノ作りをしたい思いが強くなり、とても充実して学べたと思っています。
インターン中に過ごした会社の雰囲気も私に合っていて、また大学で学んだことも活かせると思ったため、ソアーシステムを選びました。
現在の私の仕事 【開発について取り組んでいること】

私の所属しているシステム開発部は組込開発が多く、ハードウェアの知識が必須になってきます。
入社して一年の私は右も左もわからず、先輩方に
教えていただきながら日々勉強をしています。
知らないことが多く、新しい内容の連続ではありますが、
少しずつ着実に増えていく知識が今後どのように役に立つのか楽しみです。

業務の内容としては、プロジェクトのドキュメント作成、及び、動作試験を行いました。
すべてが初めて行うことで手探りでしたが、今の業務はとても楽しく感じています。
これからも学びを得て成長し、社会で一層活躍できるよう頑張ります。
入社して一番感動したこと 【研修で苦手を克服】

私は大学生の頃、プログラミングが苦手でした。
自分でプログラムを作成することができず、インターネットで調べてコピー&ペーストで課題の解決をしていたので、
単語の意味や仕組みがわからないということがとても多かったです。
しかし、入社してから3ヶ月間のプログラミング研修でその苦手を克服することができました。

入社してからの技術研修では「アルゴリズム」という初歩の初歩から入り、チームでプロジェクトを遂行し、発表するまでを行います。
その研修では、一人でゆっくりと考える時間が与えられ、わからなければすぐに質問できる講師の方がいました。
その環境で私は基礎問題から応用問題まで挑戦し、問題によっては1週間ほどかけて没頭したこともありました。
長い時間もかけて考え、何度もバグを直し、ようやくやっと動いたときには、入社してから一番感動しました。
ソアーシステムの研修では、他では得ることができない貴重な経験ができたと思っています。
後輩へ一言 【なんとかなるさ】
仕事で壁にぶつかったとき、一生懸命頑張れば結果はついてきます。
結果的にダメだったものは無理だったものとして割り切ります。
難しく考えすぎず、目の前のことにただぶつかって行きましょう。
わからない時には誰かが支えてくれます。
楽観的過ぎと思われるかもしれませんが、このくらいが丁度いいと思います。
私もまだまだ勉強中の身ですが、まずは自分の心に余裕をもち、その上でたくさん学んで成長していきたいと思っています。
名前 Y・H
出身校 4年制大学 外国語学部
入社年 2018
経験した部署 開発部 ITソリューショングループ
この会社を選んだ理由 【社長の人となり・会社の雰囲気に惹かれて】

私は、大学生の頃はIT業界とはほぼ無縁な、英語・ドイツ語を専攻していました。
将来は語学を扱う仕事を、と考えていましたが、とある切っ掛けでIT業界に飛び込んでみよう!と思い立ち、文系出身者且つ初心者にも優しい会社、という条件で就職活動を行いました。

会社説明会や面接で、漠然と「ほかの会社とは違うかもしれない」という印象を抱いており、最終選考で社長と面接をした際、その印象が合っていたという確信を持ちました。

さらに、緊張しやすく上がりやすい私が、面接で全く緊張せずに話せたと感じたことに、非常に驚きました。
これはソアーシステムの社長の人となり・雰囲気がそうさせたのだと思い、その部分に強く惹かれ、入社したいと思いました。
現在の私の仕事 【監視カメラ・ネットワークビデオレコーダーの機能評価/性能評価/関連アプリの日本語化/日本語化アプリ評価】

私は現在、監視カメラ・ネットワークビデオレコーダーの機能評価・性能評価・アプリの日本語化・日本語化アプリ評価に携わっています。

はじめはアプリの日本語化評価に携わりました。
英語で書かれているアプリのため、英文や単語を抜き出して、表にまとめられた和訳があっているかどうかを確かめる仕事を任されました。

一見単調な作業ですがアプリの日本語化においては最も重要な部分の一つなので、変な日本語になっていないか、という確認及び修正作業は細心の注意を払いました。

その作業が終了してからは、きちんと機器が動くかどうか、怪しい通信をしていないか、日本語化されたアプリで、日本語がおかしな部分がないか、そのアプリがきちんと動いているかなどの評価を行っています。

評価を行っていく中で、通信について深く学ぶことができるので、非常に楽しく感じます。
入社して一番感動したこと 【自分で組んだプログラムが期待通りに動いたとき】

私はプログラミング言語を全く知らなかったので、最初は何もわからず、八方ふさがりな状態で頭を悩ませる日々が続いていました。

悩んでいた私に先輩社員の方々が、プログラミングの考え方をはじめとして、とても丁寧に根気強く指導してくださったおかげで、期待通りに動くプログラムを完成させることができました。

それを提出した際に、「頑張ったね!」と褒めていただけた時は、達成感にあふれたことを覚えています。
後輩へ一言 【小さな一歩でもそれは一歩。進んでいきましょう】

最初はわからないことだらけですし、失敗も重なります。
そのせいで、気持ちが後ろ向きになることも少なくないかもしれません。

ですが、そこで立ち止まるのではなく、その失敗から何を学んだのか、今自分ができることは何かを考えたりすることが大事だと私は考えています。

メモを使って自分なりにまとめることも大事です。
慣れないことも多いです。
それ故に、慣れるまで時間がかかってしまい、周りに後れを取るときもあると思います。

しかし、何度も繰り返しながら自分の中で方法を反芻したり、わからなくなったら聞いたりすれば、自然とやり方が理解でき、少しずつできることが増えるようになり、完成までのスピードが早くなってくるはずです。

また一人で抱え込まず、行き詰まったら周りの人に相談したりしましょう。
情報系に触れたことが無い方へ
【誰でも壁は当たるもの】
IT業界は理系、難しいというイメージがつきがちだと思います。
事実私もそうでした。
入社した後も大変なんじゃないかと、不安に思う人も多いかもしれません。

ですが、研修で基礎を学べます。
研修後、わからないことがあっても、様々な方から教えて頂ける環境があります。
私もまだまだ初心者ですし、学ぶことはたくさんあります。
壁にぶち当たることもざらです。

その時は周りの同期や先輩と雑談をしたり、休憩を取って気分転換するのがいいと思います。

最初はなんでも難しい。
でも自分ができることから少しずつ頑張っていきましょう。
名前 H.K
出身校 2年制専門学校
入社年 2018
経験した部署 開発部 システム開発グループ
この会社を選んだ理由 【整った環境下で勉強ができる】

まず第一に、私は勉強、運動が好きです。
私がソアーシステムを選んだ理由は、技術者としてしっかりと学んでいけること、そして、業務外での交流活動も活発であることです。

ソアーシステムではハードウェア、ソフトウェアともに幅広い分野に展開しているため、いくつも仕事をする中で幅広く学ぶことができると思いました。

社内の案件は受託開発がほとんどなので、学んでいく上で分からないことがあればすぐに周りの社員に質問できる点も魅力的でした。

また、社内活動が活発で野球大会やボウリング大会のイベント等があったり、業務以外での交流も魅力的に感じました。

実際に入社してみると、新しい情報を外部から積極的に取り入れようとする社員が多く、想像通りの安心感があります。
現在の私の仕事 【医療系機器の試験項目書の作成、及び言語対応】

私は現在、医療システムの追加テスト項目票の作成を任されており、その仕事と並行して医療システムを使うために必要な知識を身に着けている最中です。

入社してから様々なジャンルの仕事を任されましたが、まさか自分が医療システムに携わるとは思わなかったため驚きました。

しかし、次から次へと新しいことを発見して学ぶことができるので、面白く、とてもやりがいがあると思います。
まだ入社して1年ですが、着実に実力が増していると実感しています。

出来ないことがまだまだ多く失敗することも多々ありますが、出来ることもたくさん増えました。

「出来ないこと」が「出来るようになったこと」に変わるように、日々努力しています。
入社して一番感動したこと 【何度も失敗し出来た回路図】

ソアーシステムにはシステム開発部とITソリューション部があり、私はシステム開発部に所属しています。
システム開発部では、組込み系に特化している部門で、ハード開発に対する知識が求められます。

私は学生時代、学校でプログラミングを学びながら趣味でもプログラミングをしていましたが、ハード面においては全くの未経験でした。
入社してシステム開発部に入り、回路図を作成する業務を任されることになり、不安でいっぱいでした。

なんとか完成させようと、たくさんの本を読み漁り、先輩に勉強会をして頂くことで、無事に形にすることが出来ました。

先輩からのレビューで指摘を何度も受けて、そのたびに修正を行い、長い時間をかけてしまいましたが、実際に業務で使用する回路図が出来たときの達成感はすさまじいものでした。

その体験が、私にとって一番感動したことです。
後輩へ一言 【将来何が出来るようになっているか】

ソアーシステムでは幅広い開発を行っているため、多くの知識を取り入れることが可能です。
並行して複数の業務に手を付けることもあるので、最初は多くの失敗をすると思います。

最初のうちは知らないことばかりで、任せられた業務を自力でこなせるようになるには時間がかかると思います。

でも、たとえ失敗したとしても、時間をかけてコツコツと経験を積み重ねていくことで、数年後には、豊かな知識を身に着けた頼れる社会人になると思いますし、私自身、そうなるように努力しなければならないと思っています。

未来の自分が、どういう社会人になっているか、理想の自分を描きながら頑張りましょう。