会社データ

会員登録のメリット

メンバーログイン

パスワードを忘れた方

  • 就職活動トピックス
  • はじめに読もう!よくある質問集
  • 求人情報提要ガイドライン 適合メディア宣言
  • Jobwayに参加希望の企業様へ

株式会社フタバ

株式会社フタバ

フタバ

業種カテゴリ:製造業・建設業 色々なテントやシートを製作しています
小さなテントから大きなテントまで、お客様の夢を形にします。
  • 公園の中に設置された休憩用のテント…ですが、笑顔を生み出す空間です。デザインとアイデアで勝負です!
  • テニスドームのテントの張替工事を行いました。「ありがとう!」の言葉を聞くと、疲れも吹っとびます。
  • 工業用ミシンです!モータのついた道具と思ってください!使いこなすのはあなたの腕次第です!
  • 高周波ウエルダーで生地の溶着作業をしています!どんな大きなテントもまかせてちょうだい!
  • 800kg超の大型テントは人力ではびくともしません!こういう時には天井クレーンが活躍します!

当社の特徴

株式会社フタバは、街中で見かけるカフェやレストランのオーニングテント・商業施設や公共施設で見かける通路のテント・そして工場や物流倉庫にあるテント倉庫など様々なテントやシートを自社製作している会社です。何もなかった場所に、“色あざやかな”キャンバス空間や“空を覆いつくすような巨大な”キャンバス空間を演出します。
よりリアルなものづくりを体験したい方、より身近に「ありがとう!」の言葉を聞きたい方、そして、私たちの作品が街のランドマークとなる感動を共有したい方、是非ご応募お待ちしております。

会社データ

業種カテゴリ 製造業・建設業 色々なテントやシートを製作しています
事業内容及び
営業品目
テント倉庫・開閉式テント・荷捌き用テント・キャスター式テント・シートシャッター・間仕切カーテン・簡易クリーンルーム・簡易防音ルーム・スリットカーテン・アコーディオンカーテン・スライドカーテン・オーニングテント・日除けテント・雨除けテント・デザインテント・サインテント・オーニングテント・駐輪場テント・駐車場テント・オーニングテント・バーゴラテント
車両用シート・船舶用シート・鉄道用シート・ECサイト“超縫戦隊トラックマン”ECサイト“TENTNET”
全従業員数 15名
従業員数内訳 従業員 男:10名 女:5名
代表者名 岡田秀記
設立 1992年
資本金・出資金 1,000万円
売上高 2億5千万円  2019年実績
事業所 【本社・縫製第1工場】
〒453−0856
住所 :愛知県名古屋市中村区並木1−43
TEL:052−411―9191
FAX:052−411−9195
【縫製第2工場】
〒497−0014
住所 :愛知県あま市七宝町鷹居3−4−1
TEL:052−446―1379
FAX:052−433−2065
【倉庫】
〒453−0847
住所 :愛知県名古屋市中村区岩上町181
関連会社 株式会社二葉商会

連絡先

郵便番号 〒453-0856
所在地(都道府県) 愛知県
所在地 愛知県名古屋市中村区並木1-43
電話番号 052-411-9191
FAX番号 052-411-9195
会社代表メールアドレス info@futaba-e.co.jp
会社HP http://www.futaba-e.co.jp/

フリースペース

経営理念 株式会社フタバは、
お客様の“ありがとう”を創造します。

株式会社フタバは、
全社員の物心両面での“しあわせ”を創造します。

株式会社フタバは、
地域社会の“元気”を創造します。
建設業の許可番号 建設業の許可番号
愛知県知事許可(般-26)第56623号
鋼構造物工事業・とび土工工事
愛知県知事許可(般-27)第56623号
塗装工事業
屋外広告業者登録番号
名古屋市(登27−1)第666 号
愛知県知事(登−27)第930号
オンリーワンだから…! 当社であつかうテントの多くは一個つくりのオンリーワンです。大きさや形そして生地の種類から色まで…すべてお客様のご要望に合わせてコーディネートして製作いたします。ですので、企画設計の段階からあれこれ悩みます。時には難問も…。でも出来上がって完成してお客様に引き渡す時の達成感は言葉にかえれません!
ローテクだけど…! テントを製作するのに主に「ミシン」を使います。と言っても最新のコンピューターが搭載されたものではなくウン十年も現役の工業用ミシンなんです。ミシンって自転車みたいなものだとよく言われます!一度覚えたら何十年たっても忘れません。そして、ハイテク機械と違ってミシンを扱う人によってうまい下手がはっきり出てしまいます。うまくできたときも…そうでないときも…現場に持って行って取付するときはほんとにドキドキ。緊張の一瞬なのです!でもこれがたまりません!
ものづくりが実感が…! テントの工程はフレームの基礎つくりから始まります。全く何もないところからスタートします。そしてフレームを設置し、そして最後にキャンバスを張ります。私たちは最後までそのほとんどの工程と付き合うことになるわけです。何もなかった場所に、とてもお洒落でカラフルなテントが現れたとしたら・・・空を覆いつくすような何百峅神薛屬箸いΦ霏腓淵ャンバスの空間があらわれたとしたら…!何回経験してもとっても楽しいです。

アクセス